『ほんまもん』のれん、ちょうちん 京都市広告景観づくり補助金交付制度について

 
 最大10分の9を京都市が負担『ほんまもん』の「のれん」「ちょうちん」
京都市は2004年より京都にふさわしい景観を目的に看板規制を行った効果もあり、 観光消費目標額1兆円を4年前倒しで到達しました。 更なる世界があこがれる観光都市へ向け、「京都にふさわしい屋外広告物」として京都市内の「のれん」「ちょうちん」設置には最大10分の9の補助事業が行われています。
 なぜ?「のれん」「ちょうちん」
京都市が2015年に市外、海外、そして75%が市外生と言う京都の大学生を対象のアンケートで『ほんまもん』の「のれん」「ちょうちん」がある景観、店構えが「京都にふさわしい魅力的な景観」と認められました。

『ほんまもん』とは?
京都で育まれた伝統的な技術,技法により,京都市内で,手作業で製造等されたもの
のれんの様子
 補助金の詳細
京都市では現在,美しい京都の景観を守り育て,50年後,100年後の未来の世代に引き継いでいくため,景観の保全・創造に向けた景観政策を推進しています。
京都にふさわしい屋外広告物の普及を促進し,良好な広告景観を更に向上を図るため,京都にふさわしい屋外広告物の設置・設計等に掛かる費用の一部を補助する「京都市広告景観づくり補助金交付制度」を設けています。

○補助率及び上限額
・のれん   補助率:10分の9、上限額:8万円まで
・ちょうちん 補助率:10分の9、上限額:6万円まで



2017年度は4月より補助金事業が開始され、8月頃には終了していますのでのれん、提灯をお考えの方は上記を目安にお早めにご相談下さい。
<外部リンク>
京都新聞
▲京都新聞
ちょうちん、のれん9割補助
 手続きは全てお任せください
補助事業には下記を含む様々な条件がございます。

○補助対象
・京都で育まれた伝統的な技術,技法により,京都市内で,手作業で製造等されたもの
・設置位置,形状,意匠等が定着する建築物等と不調和でないもの
・京都にふさわしい屋外広告物として市長が適当と認めるもの

ノムラアートプラントは上記条件を満たす京友禅手捺染工場併設。
のれんの製作』はもちろん、手間のかかる京都市との『条例に沿う企画の調整』、『申請に関わる手続き』まで一括して行わせていただきます。
まずはお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ
 
※下記フォーム、又はお電話、ファックス、メールからもお気軽にお見積り、ご相談下さい。
------------------------------------------------------
TEL (075) 701-8191 AM 9:30〜PM 5:30(第2土日祝休)
FAX (075) 701-8191
mail kyoto@nomura-art.com
まずはメールでご相談
お見積りの際は下記フォームのご利用でよりスムーズに
ご相談フォーム
商品
枚数 ※必須
生地
色数 ※必須
※条例に従い色数や使用できる色に制限がございます。
納期 ※必須
※申請手続きを含め最短でも2ヶ月必要です。
お名前 ※必須
e-mail ※必須
電話番号 ※必須
郵便番号
設置住所 ※必須
ご質問・お問合せ内容 ※必須
祭オリジナル法被ならNomura Art Plant
close